中学受験

中学受験とは孤独な戦いである 受験本番の日の心構え

中学受験もシーズン真っただ中!

今年受験生のみなさんは、コロナ禍の中、例年と違う受験生の生活となり、ストレスも半端なかったのではないでしょうか。

本当にがんばってきましたね!

そして保護者の方も、例年と同じことが通用せず不安だらけだったことと思います。 本当にご苦労されましたね。

そんな受験もあと少しとなりました。

受験本番に向けて、心構えをしておきましょう!

 

中学受験当日 中学受験とは孤独な戦いである

まず覚えておいてほしいこと。

それは

受験とは孤独な戦いであるということ

問題を解いている間は、一人です。

誰も助けてくれません。

それはもちろんなのですが、

受験会場にいるほかの子たちの中には、同じ学校や塾に通っている友達も多くいるかもしれません。

ですが同じ会場にいる以上、同じ学校に入学するために競い合っている相手です。

その子たちと戦え、蹴落とせ、と言っているのではありません。

馴れ合ってはいけないという事です。

今まで、どれだけの努力を重ねてきましたか?

友達が遊んでいる時も、暑い日も寒い日も、重いカバンを背負って塾に通い、

家族と同じ時間に夕食を取ることが出来ず、塾でお弁当を食べ、

眠い目をこすりながら勉強し、

コロナの恐怖におびえながら、

努力を重ねてきたはずです。

それはすべてこの日のため。

今まで積み重ねてきたものを、すべて解答用紙の上に発揮するのです。

すべてを発揮するため、100%最高の状態に自分を持っていきましょう。

気分はオリンピック選手です。

オリンピック選手も、4年に1度の大会のために、何年も何年も絶え間ない努力を続けます。

それを、オリンピックという大舞台で発揮するのです。

あなたたちにもそれが出来ます。

誰かと戦ったり、蹴落とすことを考えてはいけません。

自分が持てるすべての力を出し切り、最高のパフォーマンスをすれば、結果は自ずとついてくるのですから。

中学受験当日 受験会場での心構え

中学受験は孤独な戦いだと言いました。

そして100%の力を発揮するため、会場に友達がいても馴れ合ってはいけないと。

この日ばかりは、一人になりましょう。

誰とも話さなくていいです。

 

受験会場にはいろんな子がいます。

全員まだ小学6年生。

まだたった12年しか生きていません。

そして人生で初めての受験だという子が多いと思います。

浮足立っている子も、必ずいます。

  • 休み時間に答え合わせをする子
  • 「おれ、全問埋めれたぜ~」など自慢をしている子
  • 昼休みや休み時間に騒いでいる子

こういう子には、決して近づいてはいけません。

自分のペースを乱されてしまいます。

受験は今までのことをすべて出し切る場です。

今終わった教科のことは忘れましょう。そこで答え合わせをする必要はありません。

あなたがやるべきは、次のテストの準備です。

  • 休み時間にはトイレに行く、水分を取るなど、必要なことを行う。
  • 次の教科の勉強を、最後の1秒まで行う。

落ち着いて、休み時間を過ごしてください。

 

そうは言っても、なかなかできないこともあるかもしれません。

保護者の方は、何度も何度も言い聞かせてあげてください。

そして受験会場、受験の雰囲気に慣れるためにも、本命の受験の前に、練習で受験を経験しておくことは必要なことです。

中学受験当日 こんな事例も・・・

ある中学受験会場で、休み時間に騒いでいる男子たちがいました。

上述したように、浮足立って、会場で騒いでしまっている子たちですね。

休み時間のたびに騒ぎ、だんだんとエスカレートしていって、

あるとき、教室の前の教壇のところで暴れ出しました。

その会場の受験生たちは、うんざりしていたことでしょう。

受験生の中の一人の男子が、我慢できずに立ち上がって怒鳴りました。

「お前たち、いい加減にしろよ!!!」

その瞬間、先生がその教室に入ってきました。

先生は騒いでいた子たちと、注意をした男子に、こう言いました。

「君たち、受験番号は何番かね?」

注意をした男子は、もう駄目だと思いました。

ですが、そのあとの試験も、懸命に努力しました。

 

結果は、不合格でした。

 

注意をしたその男子は、通っていた塾では1、2位を争うトップクラスで、当然合格するだろうと思われていました。

不合格の原因は分かりません。(保護者の方が後日問い合わせたかもしれませんが)

先生が受験番号をチェックしたように、態度が悪いということで不合格となったのか、

先生にチェックをされた後、精神的にガタガタになって、全く問題が解けなかったのか・・・

注意した男子は、自分で怒鳴りつけるのではなく、先生にお願いすればよかったのかもしれません。

ですが、こういう事も起こりうるという事です。

まれな事例ではあると思いますが、こういう場合どう対応するべきかも含め、お子さんと話していてもいいかもしれませんね。

中学受験当日 受験票など忘れ物をしないように!

いよいよ受験当日。

前日、もしくは数日前から準備は怠っていないはず。

ですが、当日の子供の体調や気温によって、服を調節したり上着を持たせたり、お弁当の準備をしたり・・・

親は大変ですよね。

そんなこんなでバタバタしていると、可能性があるのが、

験票忘れた・・!!!

受験票を忘れる可能性って、誰にでもあります!

焦りますよね。動揺しますよね。

ですが、一番動揺するのは子供です。

そして、今から受験本番! なるべく動揺させないように、ここは親がしっかりと落ち着いて行動しましょう!

受験票を忘れました・・・
まずは、先生に受験票を忘れたことを伝えましょう

 

受験当日は、生徒の案内のために、校舎の入り口や廊下など、至るところに先生が立ってくれています。

その先生に、受験票を忘れたことを伝えましょう。

学校側も、もちろんそういう生徒がいることは想定していますので、速やかに対応してくれます。

なので、子供には「大丈夫よ!」と伝えて、落ち着いて対処しましょう!

動揺してしまって試験に臨むことになってはいけませんので。

学校側で対応してくれますので心配はありませんが、必要以上に精神的負担や時間をかけてしまうことになりますので、やはり出発前に、受験票の確認は怠らないようにしましょう!

中学受験当日 とにかく精神的に安定させること

受験や試験は大人でも緊張するもの。

それが人生初めての経験で、しかも数年間の努力の末のものともなれば、精神的に不安定になるのが当然です。

いかに、いつも通りの力を発揮できるようにしてあげられるか。

そのサポートが大切になります。

保護者の方も緊張して不安なのは当然です。

ですが、一番緊張して不安なのは子供本人です。

どうか緊張を表に出さず、しっかりとサポートしてあげてください!

 

みなさんに素晴らしい結果が訪れますように。

 

オンラインで学習指導を行います!

ご興味がございましたら、↓こちらか、直接ご連絡を頂ければと思います!

 

現役医師がオンライン家庭教師(算数・数学)やります 子育て中の現役医師が、小中学生の算数・数学を指導します!

 

私立中高一貫校に通う子におススメです!

 

☆ 知育系・受験に役立つ商品を紹介しています!

よろしくお願いします!

☆ 参加しています。 クリックして頂けると、うれしいです!

にほんブログ村 教育ブログ 公文式(くもん)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク