教育関連の話

休校が続き勉強への不安が増える オンライン指導を行って感じたこと

新型コロナウイルスの影響で、休校期間は非常に長くなっています。

そして休校を機に、学習について不安を感じる方はかなりいらっしゃるでしょう。

今まで子どもの学習にあまり興味を持っていなかった方も、「何かやらせないとまずいのかな?」と感じるようになっている印象があります。

今私は、子どもの友達に数学のオンライン授業をやっています。(休校期間中限定)

実際に教えることをやってみて気付いたことを書いていきます。

こんな方に読んで欲しい

  • 休校による学習面での不安がある
  • どのように親が関わっていけばいいのかわからない
  • 大人数の塾と個人指導で迷っている

休校中に勉強の先取りをしよう

休校中の課題・宿題は、どういったものが出されていますか?

学校によってかなり差があると思います。

休校期間が長くなったので、追加で出された課題は、新学年の範囲が含まれている学校もあるでしょう。

ですが、私の住んでいる地域の中学校では、新学年の範囲は宿題に含まれていません。

ですがこれだけ休校が長くなると、今まで通りのカリキュラムで授業が行われることはありません。

文部科学省は、遅れは複数年かけて取り戻すという指針を出してはいますが、現場では夏休みの短縮や土曜授業なども取り入れられており、可能な限り早く取り戻そうとしているのが分かります。

もちろん、今後第2波・第3波により、再び休校となる可能性もありますので、そうする必要があるのも分かります

 

そうなると、学校からの宿題の範囲ではないとはいえ、ある程度新学年の勉強の先取りをしていた方がいいことが分かります。

新しい範囲の学習に十分な時間がかけられないとなると、きちんと理解が出来ないままになってしまう可能性があるからです。

ですが全く新しい範囲の勉強を、教科書を見て理解しなさいというのは酷な話です。

好きな教科でなければ、本当に苦痛に感じてしまうでしょう。

ここは親の出番ですね!

 

お子さんが先取り学習できる環境を整えてあげましょう!

オンライン学習教材や、塾も今はオンライン授業をやっているところが多いので、この機会に入塾するのも手ですね。

 

タブレット学習ならスムーズに導入できそう!

 

やはりZ会は教材のレベルが高いです! 難関校対策も!

 

休校中だからこそ、子どもの勉強面のチェックをしよう

休校中、子どもは普段学校に通っている時よりも、時間がたくさんありますよね。

通学の時間もない、部活もない、この時期習い事もお休みのところが多いのではないでしょうか。

課題や宿題が出ているとはいえ、学校での授業時間ほどの時間がかかるかといえば、そんなことはないでしょう。

ですので、この時間を利用して、今までの勉強で出来ていないところがないかなど、チェックをすることが大切です。

そうは言っても、時間が取れないのよ・・・

分かります。

テレワークで在宅だとしても仕事はこなさなくてはいけないし、

職種によってはテレワークが出来ず、今まで通り通勤されている方も多いです。

それでも!

この時期は、ぜひしっかりと、勉強の見直しをして欲しいのです。

勉強は積み重ねです。 しっかりと学習できていないところに新しく積み上げていくことは出来ません。

 

たとえ成績に表れていなくても、理解が不十分ということはあります。

小学生なら問題自体が難しくないので、テストでもそんなに悪い点になっていないかもしれません。

中学生でも、テストの点数だけでなく、内容を見て、どこが出来ていないのかをしっかりと知るべきです。

子どもが自分で出来ればいいのでしょうが、小学生はもちろん、中学生でも難しいはずです。

つまずきがあるままでは、新しい学年の先取りなど出来ません。

でも、中学生くらいになると、親のの言うこともちゃんと聞いてくれないのよ・・・

そうですね・・・

素直に親の話を聞いてくれなくなる頃ですよね。

そういう時は、やはり外に助けを求めましょう!

上記のようなオンライン学習や、塾(大人数の塾や個人指導)など、先生に見てもらうのはやはりいいですよね。

第3者からの話だと、素直に聞いてくれるものですよ。

私のママ友さんも、「親である自分の言うことには反発する」と悩んでいました。

ですが、私が成績をチェックしたり、そこにアドバイスをすることは、素直に聞いてくれています。

やはり中学生にもなると、親にはいろいろ言われたくないと思ってしまいますよね。

親子喧嘩などで体力を使うより、第3者に指導してもらう手も考えてみてください。

 

休校中のオンライン勉強指導で感じたこと

実際に私がオンラインで学習指導(数学)をやって感じたことは、

「中学生くらいまでは、親のサポートが必要」

ということです。

小学生のように、勉強の時にずっと横についている必要はありません。

課題が与えられれば、期限までにやることも可能です。

ですが、その内容のチェックが必要です。

  • なんとなくわかった気になっていないか
  • 応用問題まで解ける実力がついているのか
  • つまずいている箇所はどこなのか

こういうところまで見るには、やはり大人の目が必要です。

そして、これは対大人数の授業タイプの塾に通っているだけでは埋められないところなのです。

親が見るか、個別指導を受けるかが必要になってきます。

 

私はママ友さんの子ども3人にオンラインで学習指導をやっています。

新学年の先取り目的で、教科書に沿って、授業を行っています。

途中で問題を解かせたり、質問に答えさせたり、流れとしては学校の授業のような形です。

そしてその日の学習内容の宿題を出し、次回の授業の前までにやったものを提出してもらいます。

分からないところ、間違ったところは、次回の授業で説明しています。

ところが、たった3人なのに、理解度の差があることを感じました。

 

数学が苦手でない子と苦手な子。

得意分野と苦手分野の違い。

授業をやって、宿題の解説をして・・・だと、一律の内容をやるだけでいいのですが、

それぞれの弱点克服や理解度をそろえるためには、同じ宿題をさせるだけでは不十分です。

その子に合った、必要十分量の宿題を出さなくてはいけません。

また、同じところを深く、もしくは複数回説明する必要がある子も居ます。

結局、対大人数の授業形式で学習した後、個別の指導が必要なのです。

 

なので、学校や塾に任せていれば大丈夫ではなく、それぞれの子に合った個別の指導を更に加えていく必要があること、

そのために、親の理解やサポートが必要であることを痛感しました。

中学生になっても、学習面での親の寄り添いやサポートが必要です。

 

☆ 教育に興味がある方におススメです!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AI vs.教科書が読めない子どもたち [ 新井 紀子 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/5/22時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

学校の時間対効果を見直す! エビデンスで効果が上がる16の教育事例 [ 森俊郎 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/5/22時点)

楽天で購入

 

 

☆ 知育系・受験に役立つ商品を紹介しています!

☆ 参加しています!

にほんブログ村 教育ブログ 公文式(くもん)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク