中学受験

小学生の理科の参考書やマンガ 中学受験に役立つ5選

中学受験をする予定の小学生がいるパパさんママさん。

中学受験の理科の勉強、大変じゃないですか?

小学生の理科のはずなのに、すごく難しくないですか?

なんで成績が上がらないのかしら・・・

何より興味がないから本当に大変・・・

 

そんな風に悩んでいませんか?

実はうちの上の子も、小学生の頃理科で苦労した経験があります。

浮き沈みが激しく、成績も安定しない・・・

生物や天体が好きじゃない・・・

 

そこで、いろんな対策を講じました。

使えそうな参考書から、はたまたマンガの力も借りました。

受験生の親なら、藁にも縋る思いになりますよね。

このブログでは、たくさんある小学生向けの参考書などの中から、役に立ったものを紹介していきます。

使ってみて良かったものを紹介させて頂きます!!

 

また、そのおかげもあってか、上の子は第一志望の中学に合格することが出来ました!

少しでも、参考にして頂ければと思います。

 

この記事はこんな方向けに書いています!

  1. 上手く理科を導入させたい、小学校低学年の子がいるパパママ
  2. 学校で理科を習い始めたので、理解を深めていきたい小学校3-4年生のパパママ
  3. 中学受験対策に入ってきたけど、理科の成績が伸びない小学校5年生のパパママ
  4. もうすぐ本番! なのに、成績が伸びてこない小学校6年生のパパママ

この記事で紹介する本は、我が子の中学受験の際もとても役立ちました。

なぜなら、上の子も中学受験対策に入ってからも成績が伸びてこなかったからです・・・

勉強に使える本から、興味を持つための導入の本まで、5つ紹介していきます。

ぜひ、お子さんに合った本を見つけてあげてください。

小学生の理科の参考書やマンガのおすすめ5選

小学生の理科の参考書・・・

本屋で見ても、本当にたくさんの数がありますよね。

高学年以前の理科の導入用におすすめのマンガ

導入におすすめの本は2種類紹介します。

どちらもマンガなので、低学年でも読みやすいです。

1. 実験対決シリーズ

 

 

 
 

実験対決シリーズはマンガなので、お子さんも入りやすく、低学年でも読むことが出来ます。

もちろん、詳しい内容を理解するのは難しいですが、3年生以降の理科が楽しみになること間違いありません。

また、ある程度学年が上がってから見ると、「ああ、これこの間習ったな。こういうことだったのか」と、知識の確認にも使えます。

上の子がまさにそういう感じでした。

  • 最初に買い与えた時は、話が面白くて読んではいるけど、内容は理解できてなかった。 
  • でも学校や塾で習った時に、「あ、実験対決でみたやつだ」と思うことが多かった。 
  • 改めて読み直すと、理解が深まった。

これが、上の子の感想です。

理科の導入に、とてもよい本です。

 

2. Dr. STONE(ドクターストーン)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Dr.STONE 1 (ジャンプコミックス) [ Boichi ]
価格:484円(税込、送料無料) (2019/10/12時点)

 

こちらもマンガになります。

科学マンガというか、サバイバルマンガというか・・・

とても詳しく科学のことについて書いてあります。

正直言って全部理解するのは難しいと思いますが、ストーリーが面白く、引き込まれているうちに、「人間の科学って、本当にすごいんだな」と感じられるはずです。

理科の導入には、うってつけのマンガです。

小学校高学年 中学受験の理科対策

こちらは3冊紹介します。

高学年用の、中学受験対策につながる本です。

1. カンペキ! 小学理科

 

 

これは最初図書館で借りました。

一つの単元が見開きによくまとまって書かれています。

イラストもとても見やすかったので、改めて自分で購入しました。

 

2. Z会中学受験シリーズ 入試に出る動物図鑑

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Z会中学受験シリーズ 入試に出る動物図鑑 改訂版 [ Z会編集部 ]
価格:1210円(税込、送料無料) (2019/10/12時点)

 

前に書いたように、上の子は生物が壊滅的でした。

興味を持つことが出来ず、そのため暗記が苦痛で仕方なかったようです。

なので、「とにかく、これに書いてあることだけでも覚えなさい!」と言って買い与えました。

ハードカバーではなく薄いので、心理的ハードルもそんなに高くないです。

また、こちらもよくまとまっていて、写真やイラストもきれいです。

 

3. Z会中学受験シリーズ 入試に出る植物図鑑

 

 

 

上記の動物図鑑と同じシリーズになります。

このシリーズは説明も端的によくまとめられていて分かりやすいです。

難しい漢字にはルビが振られているので、低学年の導入としても使えます。

また、出題頻度が☆の数で書かれているので、とても参考になります。

小学生の理科の参考書を見て・・・ほんとに1教科?

小学生の理科の参考書を見ていて思いませんか?

「理科」と一口に言っても、範囲がすごく広いなあって。

中学受験は4教科だけど・・・

中学受験は、国語・算数・理科・社会の4教科であることがほとんどです。

社会がなかったり、英語が導入されたりと、変化はあるものの、大多数の学校の受験科目は、この4教科になります。

理科は、生物・化学・地学・物理の4分野が含まれています。

それぞれの分野で、覚えることは多いし、考え方も違うし、これって本当に1教科と数えていいのでしょうか?

 

理科は1教科と考えるな!

理科を単純に1教科と考えない方がいいです。

それぞれの分野について結構深く知らないといけないですし、何より全く違うので、理科の中でも、生物は得意だけど、化学はちょっと・・・ など、子どもによって、得意不得意があるからなのです。

子どもの得意分野・苦手分野を、早いうちに分析することが必要です。

ちなみに、上の子は物理が得意で、化学はまあまあ、地学がは苦手で、生物は壊滅的でした。

とくに6年生であれば、夏休み前の今の時期に苦手分野を把握して、強化をしていく必要があります。

5年生以下であっても、苦手を潰すのは早いに越したことはありません。 

今からどんどん内容は深くなっていき、1月にはすべての範囲が終わってしまいますから。

理科の中の苦手分野を、

早めに把握しましょう!!

 

小学生の理科は4分野 受験対策としては1教科と考えてはだめ!

小学校の授業では理科は3年生からしか始まりません。

ですが、理科は4分野もあり、中学受験をするとなると、その知識は結構深いところまで求められます。

低学年は早いうちに理科の導入を済ませよう!

低学年は、なるべく早い時期に理科の導入を済ませましょう。

学校の教科では、「生活科」として、理科と社会を混ぜた導入課程を設けています。

それよりも一歩踏み込んで、理科とはこういうものだというものが学べるといいですね。

やっぱり、実験対決シリーズはおすすめです!
小学校の図書館にも置いてありますが、人気でいつも取り合いになっているようです!

中~高学年は苦手分野の分析を!

中学年から本格的に理科の授業が始まります。

そうなったら、早目に得意分野と苦手分野を分析しましょう。

得意分野はやはり好きなので、放っておいても勉強しますし、理解も早いです。

対して苦手分野はどうしても後回しになるので、親がしっかりとサポートしてあげる必要があります。

大人だって、苦手な事は避けて通りたいですもんね・・・

 

中学受験の理科は驚くほど深い知識を問われたりするので、苦手分野はいろんな手を使って、しっかりカバーしてあげるようにしましょう。

スポンサーリンク