幼児教育・早期教育

公文(くもん)の推薦図書おすすめの5冊 0-2歳児の読み聞かせに

こんにちは! 女医で幼児教育大好き・中学受験終了組のすずかです。

読み聞かせが良いとは聞くけど、一体、どんな本を読めばいいの?

たくさんある本の中から、どんな本を選べばいいの?

 

そんな時、「おすすめの本」のリストがあったらいいのになあと思いませんか?

公文には、教材に応じた推薦図書があります。

その中でも、子どもや私がお気に入りだった本を紹介します。

どんな本を選べばいいんだろうという悩みから解放されますよ!

その時間を、子どもとの時間に回しましょう。

親子とも楽しめる本を読んで、あたたかな時間を過ごしましょう。

こんな人におすすめ!

  1. 読み聞かせをしたいけど、どんな本がいいのか分からない
  2. 図書館や本屋さんに行っても、本があり過ぎて選べない
  3. 月例や年齢に適した本が分からない

 

公文(くもん)の推薦図書おすすめの5冊 2-3歳児

国語の5A教材では、3~6文節のひらがな文を、すらすら読めるようにしていきます。

また、何枚かまとまったお話を楽しみながら、語彙を増やしていきます。

その頃にぴったりな、5A教材の推薦図書を5冊紹介します。

 

① どうぶつのおやこ 薮内正幸
② いないいないばあ 松谷みよこ
③ くだもの 平山和子
④ あがりめさがりめ ましませつこ
⑤ じどうしゃ 寺島龍一

 

① どうぶつのおやこ 薮内正幸

字はなく、見開きに大きく動物が描かれています。

お母さんが自分の言葉でお話してあげると、とても楽しめます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

どうぶつのおやこ (福音館あかちゃんの絵本) [ 薮内正幸 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2019/6/23時点)

 

 

 

② いないいないばあ 松谷みよこ

優しい絵、テンポの良い言葉。 

時代を超えて愛される名作ですね。

 

 

 
 

③ くだもの 平山和子

絵がとてもきれいです。

とてもおいしそうなくだものの絵に、思わず食べるふりをしてしまいます。

お子さんと、食べさせあいっこを楽しんでください。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

くだもの (福音館の幼児絵本) [ 平山和子 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2019/6/23時点)

 

 
 

④ あがりめさがりめ ましませつこ

昔ながらのわらべ歌。楽譜がついている曲もあります。 

歌を歌いながら絵本を読むのもいいですよね。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あがりめさがりめ おかあさんと子どものあそびうた [ 真島節子 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2019/6/23時点)

 

 

⑤ じどうしゃ 寺島龍一

のりもの絵本の傑作です。

絵も美しく、とても正確に描かれています。

男の子はとくに、大好きですよね。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

じどうしゃ (福音館の幼児絵本) [ 寺島龍一 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2019/6/23時点)

 

 
 
 

公文(くもん)の推薦図書は読み聞かせにもよい

読み聞かせの本に迷ってしまう

上の子が生まれてしばらくしてから、毎日読み聞かせをしようと決めて、本屋さんに行きました。

あまりの絵本の種類の多さに驚きました。

自分が小さい頃に読んでいた本は、きっと昔から読み継がれている本だから、内容的にもいいのだろうと考えて購入しました。

あの大量の本の中から、自分が覚えている本を探しだすのも大変でした。

表紙を見れば「あ、これ知ってる」と思いだせるのですが、題名は覚えていないものも多く・・・

図書館に行っても同じで、たくさんある本の中から選ぶのにストレスを感じてしまいました。

結局、自分の好みの本でいいやと思って選んでいたのですが、「絵本」というだけあって、やっぱり「絵」が選ぶ基準になってしまって。

好みで選んでいると、似たようなタッチの絵(ふわっとした感じの、かわいい動物系)ばかりになってしまい、本の内容も似ているというか、ほっこりする物語ばかり。

同じようなタイプの本ばかりでいいのかな、と、また迷いが生じました。

本がたくさんあり過ぎて、
どれを選んだらいいかわからない・・・
 
 

公文 推薦図書との出会い

上の子が年中から公文に行き始めました。

公文では算数しかしてなかったのですが、教室にはたくさんの絵本や本が置いてあり、みんな自分の勉強が終わった後、お迎えまでの間に読んだりしていました。

先生に聞くと、貸し出しもしているとのこと。

そして、公文の推薦図書のことを聞きました。

公文で推薦されている本ならば間違いないだろうと思い、教室や図書館で借りたり、購入したりするようになりました。

推薦図書とは言っても、やはり子どもの好みに合わなかったりもするので、やはり借りてみて試すことが多かったですね。

そして気に入って何度も読みたがったり、私自身が欲しいなと思った本は(笑)、買っていました。

 
 
 

公文(くもん)の推薦図書は、昔ながらの良書がたくさん

どんな絵本がいいんだろう・・・

本屋さんにも図書館にも、本当にたくさんの本があります。

迷った時には、公文の推薦図書をぜひ参考にしてみてください。

書きながら、我が子が小さかった頃、どの絵本がいいか一緒に選んだりしたことなど思い出しました。

とてもいい思い出です。

お母さんと一緒に読んだ本は、大きくなってからも心の中に残っているものです。

お子さんが大きくなって自分の子どもを持ったとき・・・

子どもの頃の本を思い出して読み聞かせをするかもしれませんよ。

成長が楽しみになりますね。

スポンサーリンク